富永です。

今日は

・ダイエット中に良かれと思って食べてる太る食品

についてです。

最近のSNSを見ていると

・〇〇を食べると痩せる
・××を食べたら痩せられない

などの情報があふれています。最近というよりずっとですね^^;

まぁ『痩せる・太る食べ物』なんか存在しないんですが 笑

体重はトータルカロリーで決まるので、何でも食べ過ぎれば太るし適量なら太らないというのが現状です。ただ、こうした情報のせいで無意識のうちにカロリーオーバーを招いている食品があります。

何かわかりますか?

みんな良かれと思って一生懸命食べてるものです。



答えは『』です( ゚д゚)

結構、意外じゃないですか?たんぱく質不足を危惧して肉を頑張って食べてる人は多いはずです。

中には

肉は血糖値を上げないからいくら食べても太らない

という理論を信じて喜んで食べてる人もいるでしょう。

また、気付かぬうちに肉を食べ過ぎてる人も多いです。残念ですが、肉を食べ過ぎると太ります。そして糖質制限が流行した後、知らぬうちに肉を食べすぎてる人が山ほどいるんです。

肉で太る理由

肉を食べすぎると太る理由は、主に2つあります。

一つ目は

インスリン分泌を促す

ということです。

一般的に、血糖値を上げない肉は、肥満ホルモンであるインスリンを刺激しないと考えられています。けど残念ながら肉はインスリン分泌を促すのです。当然、肉を食べ過ぎて過剰にインスリンが作られると脂肪がつきやすくなります。他にも、魚や乳製品もインスリン分泌を促します。

その辺を書くと長くなるので詳しく知りたい場合はこちらを見てみてください^^

https://rehabilizyoho.com/cate35/en669.html

そして2つ目の理由が

脂質過多につながる

ということです。

肉というと、たんぱく質のイメージが強いのではないでしょうか?確かに、肉はたんぱく質が豊富です。けどそれ以上に、脂質が高くてカロリーオーバーにつながりやすいのが現状です。

例えば、豚バラは成分の約80%が脂質になります。他にも、ウインナーなどの加工肉皮付きの豚、鶏肉などは脂質が高いです。

もちろん、鶏むね肉やささみ肉など脂質が低く高たんぱく質の肉もあります。けど、ささみ肉も食べすぎればインスリンが沢山作られます。また私がみている限り、大半の人はお米が少なく肉などの(おかず)が多いです。

1食で必要なたんぱく質の量は、
イメージできますか?

だいたい『手のひら一つ分』ですよ。

昨日の夕食を思い出してみてください。昨日のおかずの肉は手のひら一つにおさまってますか?外食や弁当などであれば間違いなく手のひらにはおさまってないはずです^^;

実は、みんな知らない間に肉を食べ過ぎています。

米は太る
たんぱく質をしっかり

という意識から過剰な肉で脂質を取り過ぎてしまっているのです。私も糖質制限していたので気持ちはよくわかります。けど現状として米を増やして肉を減らした方が痩せやすいのです。

どうでしょうか?

あなたは肉を食べ過ぎてないでしょうか?

ほんと、肉をちょっと食べ過ぎるだけで脂質でカロリーオーバーになります。もしあなたが肉の量を気にしてなかったなら、この機会におかずの量を見直してみてください。

肉を減らして米を増やすことが痩せるきっかけになるはずです。

それではまた(^^)/~~~

  • メルマガ
  • メルマガ
  • youtube