富永です。

いきなりですが、お米食べてますか?

私はここ数年、お米の重要性について発信しています。ただ、まだまだお米に対して誤解している人は多いと感じています。

昔から

お米は太る

という認識が強いし、糖質制限が流行ってからはその考えが加速しましたよね。またお米をとった方がいいと思っても、

どれくらい食べていいの?

という疑問を持ってる人も多いです。私もお客さんからもSNS上でもめちゃくちゃ聞かれます^^;

そこで今日は1日にとるお米の量について考えていきたいと思います。



まず、理想的なバランスは全カロリーの約60%を炭水化物というのは大丈夫ですかね?たんぱく質、脂質、炭水化物の割合であるPFCバランスは

P:F:C=15:25:60

が日本人の平均です。

一方でアメリカは、脂質が40%と脂質が高い傾向にあります。そしてBMIが25以上の割合は、日本人が全体の約20%なのに対しアメリカ人は70%です。

もちろん色々な要因がありますが、、、

日本人のPFCバランスは太るものではない

と考えていいでしょう。

この話は機会があればまた別で話します。とにかく今日は、全体の約60%を炭水化物ということで話を進めますね。ここで仮に1日の摂取カロリーを1500kcalを目指しているとします。

1500という数値は適当です 笑。炭水化物が60%なので、、、

『1500×0.6=900kcal』

を炭水化物でとっていいということになります。

ご飯は茶碗1杯(150g)で糖質約55g、約250kcalです。おかずを無視すれば1500kcalでも150gのご飯を3.5回食べることができます。

思ってるより多くないですか?

しかも1500kcalって成人女性にしては少ない方ですよ。それでもこれだけご飯が食べれるんです。いや、食べれるというより食べた方がバランスが整いやすいんです。

逆にご飯を減らせば、脂質やたんぱく質の割合が増えてバランスが崩れます。

ここで、1200kcalでも計算してみましょうか?

これなら『1200×0.6=720kcal』を炭水化物でとることになります。

あら、これでも茶碗3杯分くらい食べれますね。おかずは考慮してませんが。どうですか?お米って思ってるよりも食べて大丈夫だと思いませんか?

理論的に考えてもこれくらい食べて大丈夫なんです。

ぶっちゃけ

gとか計らなくていいから普通に茶碗1杯を3回食べればいいやん』

と思ってますが 笑

けど実際に計算してみると安心して食べれますよね。もしまだご飯に抵抗があって遠慮していたなら、参考になればと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた(^^)/~~~

  • メルマガ
  • メルマガ
  • youtube